オバジ ゼオスキンヘルス

ハイドロキノン&レチノールが高配合

医療機関で使われているコスメ

世界中の医療機関で導入されている「オバジ ゼオスキンヘルス」。
リピ多数の実力をお試しください。

ハイドロキノンとレチノールを併用したい

今や!美容業界でも注目されている成分ですよね!

ハイドロキノン

レチノール

この2つの成分を併用して使ったらどうなるの?

順番はどうすれば効果があるの?

まずは二つを併用しても大丈夫なのかを調べてみました。

すると、医療用のコスメとしてすでに「ハイドロキノン」「レチノール」を配合したものが

販売されているってことがわかりました。

すでに、世界中の医療機関で導入されているとか。

でも、今もっている化粧品で併用したい。

医療機関のコスメではない場合は併用してもいいのかしら?

結果、医療機関で普通に利用されていることがわかりましたので、

ハイドロキノンとレチノールは併用OK

ということがわかりました。

 

ハイドロキノンとレチノール(ビタミンA)を使う順番は?

レチノールはビタミンAと呼ばれています。

呼び方として「レチノール」「トレチノン」「パルミチン酸レチノール」「レチノイン酸」「レチノイン酸トコフェリ」などがあります。

使い方の順番はどっちがいいの?

医療クリニック・美容外科などのサイトを確認してみると、

レチノール(ビタミンA)を先に塗る

がよいそうです。

レチノール(ビタミンA)は先の理由

レチノール・トレチノンなどのビタミンAは、

  • 皮膚のターンオーバーを促進させる
  • コラーゲンの生成を助ける
  • 抗酸化作用で体内の酸化を防止
  • 皮脂分泌の抑制
  • 紫外線ダメージの軽減

主にエイジングケアとして使われれる成分です。

また、ビタミンAは「視覚、聴覚、生殖等の機能維持、骨の形成」としての働きもあります。

ハイドロキノンは美白などに

ハイドロキノンは主に美白、漂白として化粧品に良く使われているものです。

  • 皮ふを紫外線などによる損傷から守る
  • メラニンの生成を抑制する
  • シミを予防する

という効果があり、米国では医薬品としてその美白効果が認められているそうですよ。

先に塗ったほうがいい理由は、

ビタミンA、レチノールでターンオーバーを促し、

その後にハイドロキノン「美白・シミ・くすみ」など漂白作用を取り入れる

先に剥がして→肌を白くクリアに

 

が基本のようです。

ハイドロキノンとレチノールを塗る時間的感覚

レチノールを塗ったらすぐにハイドロキノンを使ってもいいの?

調べてみたら、基本的にレチノールがしっかりと浸透した後にハイドロキノンを使うと

混ざらずに、より良い効果が期待できるとか。

 

調べてみると、

医師によっては「シミのある箇所はハイドロキノンだけを塗って下さい」ということもあれば、

それなりに浸透力や高濃度のハイドロキノンに関しては

とても強いお薬なので、「化粧水・保湿液などで保護した後に塗ってください」とそれぞれ意見は分かれるようです。

ハイドロキノン、レチノールにもそれぞれ種類があって「浸透力の問題」でどこまで角質層に浸透するかで、

塗る時間にも差があるそうですよ。

 

基本的に、基礎化粧品を重ねづけする間隔を基本です。

まざらない程度の感覚で塗る

 

で肌の様子をみてみましょう。

肌の弱い人は「肌がピリピリする感覚」だったり「ハイドロキノンを塗った後は乾燥してくる」という感覚も出てくると思います。

お肌の状況に合わせて、あまり高濃度のハイドロキノン・レチノールを使用しないようにしましょう。

安定型ハイドロキノン!オススメのトライアル



ハイドロキノンは数年前まで、医師の処方が無いと買えないくらい良く効く成分だったのですが、

現在では解禁され、市販されてるものですし、安定型ハイドロキノンが出たことで、

すごく普及している商品になりましたね。

安定型ハイドロキノンとは?

ハイドロキノンはシミの原因であるメラニンの活性を押える働きがあります。

具体的には

メラニンを作るときに働く「チロシナーゼ酵素の活性を抑える効果が非常に高い成分」です。

ただ、美白成分も強いので、酸素や光に対して不安定なので、医師の処方が必要でした。

従来の不安定なハイドロキノンはすぐに酸化しやすいものだったのですが、

ハイドロキノンに安定させる物質BCDACを合成させてできた安定型ができたことで、

 

「湿度や熱などにも強い安定型ハイドロキノン」が誕生。

 

安定型なので、刺激性も少ない上に、酸化もしにくく市販でも購入できるようになったんですよ。

アンプルールは世界初の新安定型ハイドロキノンで世界で始めて化粧品に配合しました。

安定型ハイドロキノンのトライアルセットは

シミ肝斑治療センター併設の美容皮膚科総院長が開発・監修したスキンケアです。

[アンプルール]美白ケアトライアルキット

レチノール配合のドクターズコスメ[エンビロン]

レチノールはビタミンA配合化粧品として

世界中で利用されているエンビロンさんが有名。

美容のプロや芸能人からも評価の高く、世界70か国、国内1800カ所以上の サロンやクリニックで

導入されているコスメなんですよ。

ビタミンA(レチノール)化粧品「エンビロン」

配合量も高配合なので、

肌トラブルがあってもいつも電話対応してもらえるので安心です。

ただ、ビタミンAが不足していた肌にはニキビや肌荒れもできやすい人もいるので

使い方についても注意が必要です。

↓ ↓ ↓こちらの記事もあわせて見る↓ ↓ ↓

エンビロンの好転反応についての記事はこちら

 

ハイドロキノンとレチノールを配合したドクターズコスメ

ハイドロキノンとレチノールを一緒に使いたいけど、

やっぱり私の肌に合わなかったらどうしよう・・

ピリピリしてきた。

ニキビが出てきた。

高配合されている成分は、特に注意が必要なので、成分量・配合量を気にせずドクターズコスメが使いたい!

ハイドロキノンとレチノールが高配合されたドクターズコスメもすごく人気!

 

どっちも購入しないといけない?

いいえ。

これひとつでいいんです。

迷っている場合はこれ1本でまずはお試しできるのもうれしいですよね。

↓ ↓ ↓

高濃度ハイドロキノン・レチノール配合「オバジ ゼオスキンヘルス」
まずはご相談ください。

オバジ ゼオスキンヘルス

 

ハイドロキノン・レチノール(ビタミンA)どっちも併用しても大丈夫。

あなたの肌にあった高配合のドクターズコスメで

 

エイジングケアをしながら、

くすみ・シミのない輝かしい肌

をめざしてみませんか?